Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

科学

原因物質減少を確認 アルツハイマー治療研究

投稿日:2014年8月21日 更新日:

 脳内に蓄積することでアルツハイマー病の原因となるタンパク質「アミロイドベータ」を減少させる動物実験に、北海道大や広島大の研究チームが成功した。今後、アルツハイマー病の予防や治療法の開発につながる可能性があるという。
(原因物質減少を確認 アルツハイマー治療研究 MSN産経ニュースより)

どんどん進んでいってしまうね!
アルツハイマーしかりパーキンソン病しかり。
日進月歩。いいことです。

フルテキスト(英語)は以下の通りだと思う。
Decreased Amyloid-β Pathologies by Intracerebral Loading of Glycosphingolipid-enriched Exosomes in Alzheimer Model Mice
(こういった新聞にはデータ参照元が載ってないから正確かどうかワカラナイ、Fig3-Aの図が載せられているそれっぽいんだけど)

詳細は読んでないので明日見ます。

そもそも、

 アミロイドベータが過剰に作られるよう遺伝子操作した生後4カ月のマウスの脳にエクソソームを2週間注入すると、注入していないマウスに比べ、アミロイドベータが平均で約45%少ないことを突き止めた。

「遺伝子組み換えとか余裕でした。」の時代です。
マウスは昔から遺伝子組み換えに強いからなあ・・・。
TALEN、CRISPR/Cas等も使えるし。
この論文の遺伝子組み換えマウスは、Jackson Laboratoryから貰ってるとか何とか。(通常のは北海道大学、SLCから)
貰える→安定して供給できる→方法が簡単&1箇所でまとめたほうが遺伝子は保存しやすい か。

カイコも自然(人為?)変異体が大量に居るのでそれを活かしていきたい所。
それではでは。

-科学

執筆者:


  1. 坪江 より:

    ほんと病気の特効薬どんどん出てきますね^^

坪江 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

精神薬の科学と虚構

 今日では精神疾患に対する通念が変化してきました。  「1つか2つの神経伝達物質の活性の違いによって性格や行動まで変わる」というものです。  私は神経伝達物質の受容体を研究していることもあり、人間はそ …

no image

ガンの痛みを解決する、科学の新たな光

ガンはほとんどの場合激しい痛みを伴うことが知られています。 私も祖父や大伯父をガンで亡くし、その辛さを垣間見ているのでどうにかならないかと考えていました。 その解決方法となりそうな論文が日本(福岡大学 …

ハリケーン「フローレンス」はアメリカの340万羽の家禽を死に至らしめた

Hurricane Florence claims 3.4 million US poultry ハリケーン「フローレンス」はアメリカの340万羽の家禽を死に至らしめた Record breaking …

H7N9鳥インフルエンザ(AI)が中国・ベトナムで発生&AIの簡易検出方法について

Bioaerosol sampling to detect AI in Vietnam ベトナムでのAI検出のためのバイオエアロゾルサンプリング法 Newly emergent and virulen …

no image

データ保存の限界 原子1つの世界

データ保存の技術は年々微細化を繰り返し、着実に性能を上げています。ムーアの法則として有名ですね。技術開発の方々は称賛されるべきだと思います。 今回は、その限界点ではないかと予想される原子に焦点を当てま …