Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

時事問題 科学

地球温暖化の真意

投稿日:2013年10月26日 更新日:

global worming !
今までずっと「地球温暖化はCO2が原因である」と言われ続けてきました。

はたして本当なのか?と疑問に感じていた方も多いと思います。

結論

統計を見ると、総CO2量は年々増えています2000年前後から今までの気温は低下傾向にあります

CO2量の増減によって気温の変化が起こるという前提は100%正しいとはいえません。

気温の変化の原因

気温の変化を考えるには、地球のエネルギー収支を考えなければなりません。

気温、つまり温度はエネルギーであるからです。

  • 収入
  • ・太陽エネルギー(99%以上)
    ・その他

  • 支出
  • ・太陽エネルギーの反射(30%)
    ・太陽エネルギーの吸収後の再放射(70%)

収入面で見ると、太陽からのエネルギーがほぼ100%です。
支出面で見ると、再放射と反射で成り立っています。

地球温暖化は、再放射がCO2によって妨げられるために起こると考えられてきました。

本当にそうなのでしょうか?

その場合前提となる条件は「太陽エネルギー(収入)が一定」でなければなりません。
しかし、太陽エネルギーが一定であることはありません。
太陽の活動によって年々変化しています。

また、温室効果ガスというのを聞いたことがあると思います。

CO2だけではなく、CH4(メタン)やN2O(亜酸化窒素)などが定義されています。
比熱(熱を持つ力)が高く、温暖化の原因となると考えられている物質です。
ただし、一般的に知られている物質の中でCO2の他に比熱の高いH2O(水蒸気)は入っていません。

比熱を比較すると、
・水蒸気:36.918 J/mol・K
・2酸化炭素:36.828 J/mol・K
1K(T(℃)=K-273.15)・・・1molの気体を1℃上げるために必要な熱量はほぼ同じです。
ただし、水蒸気は冷えて水になると周りの熱を大きく奪うため関係ないとされてきました。
それも正しい検証がなされたか疑問に感じます。

考察

科学にはよくわかっていないことが多くありすぎます。
その一つの「地球の気温の変化」も原因はわかっていません。

1日ずつデータを記録し「2001年から今までの気温は低下傾向にある」という結論が得られました。

しかし、結論ありきの団体の発表とそれに釣られて各報道機関が報道することによって、市民の「真実」がねじ曲がってしまいます。

それが本当であるか?というのを、その発表を鵜呑みにせずに研究・報道するのが報道機関のあるべき姿ではないでしょうか?

真意として、「地球環境に興味を持ってもらいたい」気持ちが存在するのであれば、他の方法、例えば大気汚染やラニーニャなどを取り上げて欲しいものです。

参考

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書
温暖化報告書 深刻な警告への対策急げ
温暖化、原因は「人」 IPCC、6年ぶり報告書
終息に向かう「地球温暖化」騒動
比熱、なぜか不思議:まずは気体の比熱から

-時事問題, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2013年ノーベル賞まとめ

物理学賞 受賞者:Peter W. Higgs氏、François Englert氏 主な研究:ヒッグス粒子(質量に関わる因子の発見) 生理学・医学賞 受賞者:James Rothman氏、Randy …

no image

“遺伝子の父”の功績を振り返る

2度のノーベル化学賞を受賞した、フレデリック・サンガー(Frederick Sanger)氏が2013年11月19日に死去しました。 彼が遺した大きすぎる功績を、化学を知らない人でもわかりやすいように …

国際単位系(SI)における定義改定(キログラム単位他3つ変更)って何?

今回採択された国際単位系(SI)における定義改定の概要(産総研HPより) 2018年11月16日。 歴史的に非常に大きな事が起こりました。 なんと4つもの基本単位が国際的に切り替えられました! ただ、 …

no image

ピストバイク(ブレーキなし自転車)が罰則付きに 改正道路交通法より

たびたび問題になっていたピストバイク(ブレーキなし自転車)に罰則が付加されました。 違反すると5万円以下の罰金です。ご注意ください。 ピストバイクって何? ブレーキを両輪装備無しの状態で公道にて使用さ …

no image

本音を「見える化」するソーシャルメディアの罠

不用意なツイートがちらほら見かけられます。 気になった記事があったので紹介します。 内容 人はソーシャルメディアを前に、腹の中にはあるけど本当は口に出すべきではないことをいとも簡単に吐き出してしまうよ …