Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

情報収集 科学 鳥類

生まれる鶏の性比をコントロールする研究

投稿日:2018年9月19日 更新日:

Stressful birds more likely to produce female chicks
高ストレスの鶏はよりめんどりを生む

Stress and a lack of resources can trigger hormonal shifts that make it more likely for a mother to produce female offspring.
鶏のストレスと栄養素の欠落はめんどりを産む確率を増やすホルモンシフトを引き起こす可能性がある。

And research from the University of Georgia College of Agricultural and Environmental Sciences suggests that it’s also true for birds, although the mechanism is different.
また、ジョージア大学農業環境科学院の研究ではそれは鳥類にも当てはまるが、メカニズムは異なると示唆されている。

Professor Kristen Navara argues that women who gain less weight during pregnancy are more likely to have female offspring, and wild birds that experience food shortages or other environmental stress produce more female chicks.
K. ナバラ教授は妊娠中に体重が減る女性は女性の子孫を持つ可能性が高く、野生の鳥は食糧不足やその他の環境ストレスを経験するとめす鳥をより生むと主張している。

“So all birds and mammals produce these hormones, and that’s what elicits physiological responses that help them survive environmental challenges.
「全ての鳥と哺乳類はそれらのホルモンを生成し、それは環境変化に対し生き残るのを促す生理学的反応を生み出す。
※ここからずっとナバラ教授のコメント

Photo: Koos Groenewold

“When we knew that wild birds were able to adjust the sex of their offspring, our first question, was – what is responsible for transducing those environmental conditions into physiological signals that could control sex ratios?” The answer was stress hormones.
「野生の鳥が生まれる性別を調整できると私達が知った時、私達は1つの疑問を得た。何が変わりゆく環境状態に対応する、性比をコントロールする生理学的シグナルをになりえるのか。」その答えはストレスホルモンである。
※ここもナバラ教授のコメント

We believed those stress hormones might mediate this effect on sex ratio, and we have found that they are, at least in part, a player in the process of manipulating sex ratios.”
私達はこれらのストレスホルモンが性比変更効果を調整すると信じており、私達はすでにそれら(ストレスホルモン)は最低一部分でもその(性比変更)プロセスのプレイヤーであることを発見している。
※ここまでナバラ教授のコメント

They found that treating laying hens with corticosterone, the stress hormone, can influence the sex chromosome the hens’ offspring inherit.
彼らは鶏に対しストレスホルモンであるコルチコステロンを投与すると、鳥の子孫が性別を継承する染色体に影響を与えることが可能であることを発見した。

Earlier this year, Prof Navara published a book exploring the factors that skew sex ratios in animals. The book, “Choosing Sexes: Mechanisms and Adaptive Patterns of Sex Allocation in Vertebrates,” is one of the only works that takes a comparative approach to explain the powerful use of hormones to manipulate sex ratios across species.
今年のはじめ、ナバラ教授は動物の性比を歪める要因の調査の本を出版しました。「性別選択:脊椎動物の性別割り当てのメカニズムと適応性パターン」は、種間の性比を操作するための強力な方法を比較するアプローチを取っているただ一つの研究である。
※わかりにくい文になって申し訳ないです。

Understanding how stress hormones affect the sex of the hens’ chicks is invaluable information for the poultry industry, which needs male chickens to populate broiler houses and female chicks to populate laying houses.
ストレスホルモンが鶏のひなの性別にどのように影響するか理解することは、(体重の増えやすい)雄鶏を必要とするブロイラー農家、(採卵鶏(めんどり)を必要とする)養鶏場などの家禽業界にとって貴重な情報である

“We know that birds in the wild have the ability to alter sex of their offspring without our help,” said Navara. “We want to harness that ability for the industry.
「私達は鳥は野生で人間の助けなしにひなの性比を変化させるスキルを持っていることを知っている。」とナバラ教授は言う。「私達は彼らの能力を工業へつなげたいと考えている。

“In the poultry industry, the sex of the chicks is particularly important. So we’re trying to find a treatment that would programme the hen to produce more of the desired sex.”
「家禽業界では、ひなの性別はとても重要である。そのため、私達は希望する性別を作り出すプログラムを発見することにトライしている。」

Currently, with the help of the Georgia Genomics and Bioinformatics Core, Navara’s team has identified a handful of genes that could potentially be the links through which stress and stress hormones control the sex of progeny. They are now in the process of verifying whether expression of these genes does, in fact, change when stress triggers sex-ratio skews.
現在では、Georgia GenomicsとBioinformatics Coreの助けを借りてナバラのチームはひなの性別を調整するストレスホルモンに関係する遺伝子を少量であるが特定した。彼らは今これらの遺伝子の発現によって、ストレスによる性比変更があるか確かめている。

Up until this point, they’ve only been able to affect the sex ratio of the hen’s chicks by treating her with hormones, a practice that is banned in the poultry industry.
今まででは、彼らはホルモンの投与により性比に影響を与えることができているが、この検証(ホルモン)は養鶏業界内では禁止されている。
※性別異常を起こす環境ホルモンのことかな?

Their next step is finding a hormone-free treatment to trigger the gene responsible for translating stress into hormones to skew the sex ratio of chicks. Eventually, argues Navara, that could be accomplished through breeding, but that is one for the future.
彼らの次のステップは、ホルモンのない方法で遺伝子発現を行わせ、性比を変更する方法を見つけることです。最終的には繁殖中での達成が可能とナバラ教授は主張しているが、それはまだ未来のものである。

参考文献

Stressful birds more likely to produce female chicks

これは・・・「ストレスを与えるとめんどりが生まれやすくなる」?
書き方を誤ると誤解与えそうですねこれ。

「じゃあストレス与えたろう!」という短絡的なものでなければ良いんですが。
鶏に物理的なストレスを与えたら、持続的な産卵が望めないので結局マイナスなので・・・理性的に判断すれば問題ないとは思います。

まだ研究段階なので進展が望まれますね!

A Scientist Has Figured Out How to Determine Chickens’ Sex Before They Hatch
日本語訳:孵化前に卵中のひなの性別がわかる方法を発見 も組み合わせると効率的かもしれません。
Sexing of chicken eggs by fluorescence and Raman spectroscopy through the shell membraneDetermining chick gender
↑はラマン分光法って書いてありますが、CO2か何かで90%近く正答できる判定方法もあったような・・・。忘れたorz

-情報収集, 科学, 鳥類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハリケーン「フローレンス」はアメリカの340万羽の家禽を死に至らしめた

Hurricane Florence claims 3.4 million US poultry ハリケーン「フローレンス」はアメリカの340万羽の家禽を死に至らしめた Record breaking …

H7N9鳥インフルエンザ(AI)が中国・ベトナムで発生&AIの簡易検出方法について

Bioaerosol sampling to detect AI in Vietnam ベトナムでのAI検出のためのバイオエアロゾルサンプリング法 Newly emergent and virulen …

鶏の遺伝子組換えワクチンについて(2018.09)

思いついたので書いておきます。メモです。 現在鶏の遺伝子組み換えワクチンは2種類存在します。 ・ニューカッスル病ウイルス由来F蛋白遺伝子導入 マレック病 ウ イ ル ス 1 型 207 株 ( NDV …

no image

昆虫の睡眠?カイコの動画紹介

昆虫に睡眠はあるのか? 上記の疑問が生じたのも、私の研究対象が昆虫(カイコ)だったからです。彼らはえさを食べた後、じっとして動かない時間があるので「睡眠があるのかな?」と思ってます。 以下は昆虫の動画 …

とても簡単なPythonインストール in Windows10

拍子抜けするほど簡単なPythonインストール。 パソコン初心者のあなたにも簡単にできます! 目次 Pythonとは? Pythonの入手 Pythonのインストール Pythonの動作確認 インスト …