Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

時事問題 科学

メタノール(メチルアルコール)は飲んではいけない

投稿日:

Raw Life - night
昔は「目散る」の愛称(?)で知られたメチルアルコールですが、この頃大丈夫かなあと思う行動をよく見かけるので書いておきます。

危ないという理由

飲んだら最悪死にます。
目への刺激も強く、多くの場合失明するので飲んではいけません。

メタノールの体内での生分解

生分解経路は以下のように進みます。
メタノール → ホルムアルデヒド → ギ酸

  • ホルムアルデヒド
  • シックハウス症候群の原因物質の一つとして知られていいます。
    気体は呼吸器などの粘膜を刺激し、咽頭充血、呼吸困難などの症状があります。
    ホルマリンの名で知られるホルムアルデヒド37%溶液は、飲むと30mlで死亡例があるようです。

  • ギ酸
  • 蟻酸と書きます。
    腐食性・浸透性があり、ある蟻の毒針から放出されることが知られています。

生分解された生成物がどちらも毒です。それは危ない。
ホルムアルデヒドとギ酸、ともに目の光受容体への影響(失明など)があり「目散る」と言われていた原因が納得できます。

お酒(エタノール)の体内での生分解

エタノール → アセトアルデヒド → 酢酸

  • アセトアルデヒド
  • 二日酔いなどの原因とされている物質。

  • 酢酸
  • 弱酸性。酢として利用されることが多い。

飲みすぎはいけませんが、急性アルコール中毒にならない程度なら・・・という感じですね。(ここでのアルコールはエタノールを指します)

まとめ

メタノールは飲んではいけません。一歩間違えば死の危険性があります。

アルコール(エタノール)もほどほどに!量が多くなると何でも毒になります。

そろそろ忘年会シーズンですし、お酒も少し危険なのでお気をつけて。( ^^)

-時事問題, 科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

精神薬の科学と虚構

 今日では精神疾患に対する通念が変化してきました。  「1つか2つの神経伝達物質の活性の違いによって性格や行動まで変わる」というものです。  私は神経伝達物質の受容体を研究していることもあり、人間はそ …

消費者は鶏肉の食品衛生の警告ラベルを読む

Consumers do read food hygiene warning labels on poultry 消費者は鶏肉の食品衛生の警告ラベルを読む Consumers find hygiene …

【続報】アフリカ豚コレラ 中国にて32報55箇所で発生

アフリカ豚コレラ・・・止まらないですね。 アフリカ豚コレラについて(農林水産省)、浙江省台州市发生非洲猪瘟疫情(中国当局)にもあるように、なかなか抑えられていないようです。 中国が悪いような報告になっ …

no image

地球温暖化の真意

今までずっと「地球温暖化はCO2が原因である」と言われ続けてきました。 はたして本当なのか?と疑問に感じていた方も多いと思います。 結論 統計を見ると、総CO2量は年々増えていますが2000年前後から …

no image

空から荷物が!

まずは動画をご覧ください。 Amazon Prime Airと言います。 開発済みで試験を行っているようです。 これが実現されたらすごい! 日本でも早く実現されるといいですね!