Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

科学

がんの原因と日常のリスク

投稿日:2013年11月27日 更新日:

cancer room
日本人の死因の原因の多くはがん(悪性新生物)です。
最新の研究の成果などをお伝えします。

日本での死因

日本での死因
(2005年の推定人口寄与比率(PAF) 日本におけるがんの原因より)
また、日本人のがんの半分以上は原因がわからないままです。この問題の解決には、がんの原因について的をしぼったさらなる研究が必要です。
という注意書きもあります。

確率として見ると、能動喫煙、感染性要因、飲酒と順になっています。

ところで、感染性要因って何?

この研究の感染性要因は、ピロリ菌、C型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)、I型ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-I)、エプスタイン=バー・ウイルス(EBV)と規定されています。

外から来るウィルスが原因と考えていいでしょう。

生活条件が違うアメリカはどうでしょうか?

アメリカでの死因

アメリカでの死因
少し古いデータですが、タバコ、食事が他を大きく圧倒しています。

食事の比率が高いのはさすがアメリカですね。

がんの原因

  • たばこ
  • 感染症
  • 放射線
  • ただし、日光の紫外線と医療用放射線および一般家庭内のラドンガスからのものです。

  • 食事
  • ただし、どの食品が危険ということは証明されていません。
    (食事には、がんを予防する働きを持つ食物とがんのリスクを高める食物がともに含まれているため、がんに対する食事の影響を研究することは困難です。)

  • アルコール(お酒)
  • 運動不足
  • 肥満
  • 環境要因
  • 職業や大気汚染などの周囲環境によるものです。

殺虫剤をはじめとする現在認可されている農薬に発がん性は確認されていないようです。

がん予防の効果が実証されていないもの

  • ビタミン剤と栄養補助食品

がん予防として売られているものがありますが実証された例はまだないようです。

もし、がん予防および治療の効果が実証されると、未だに例がないため新聞で大きく報道されます
権威ある学術雑誌NatureやScienceにも掲載されることになるでしょう。
その時はすぐにお伝えします。

患者および家族の方へ

効果のほどはわかりませんが、私も遺伝的にがんになる可能性が高いので、お医者さんを調べました。

統合医療の川嶋 朗さんが有名です。

彼の考え方は以下の文が参考になります。

ほかの病院で余命3カ月と宣告された患者さんが、私のクリニックで治療を施したら、がんがみるみる小さくなって元気になったというケースは少なくありません。

 患者さんも死と向き合って、生きようと必死になる。そこに病気の原因を取り除く治療を施すと効果が大きいんですね。ほかの病院で「助からない」と言われた患者さんもどんどん回復していきます。

 日本では医者は神様のように思われているかもしりませんが、実は医者にできることは限られています。医学はどんどん進歩して新しい治療法、新薬が次々と開発されているけれども、それらは対処療法に過ぎません。一時的に病気を抑え込むのが精一杯なのです。

 これだけ医療が進歩してきても、根本的な原因が分かっている病気はほとんどありません。ですから、医者にかかっても根本治療はできないわけです。どんなに名医でも原因が分からないことは治せません。

 検査技術も著しく進歩しているので、「病院で検査を受ければ病気の原因はすぐ分かる」と考えている人が多いようですが、全くの誤解です。検査して分かるのは病気の症状を起こしている直接原因くらいで、その病気がどこから来ているのかはほとんど分かっていないのです。

お年寄りには席を譲らない、優先席に座らせない – JBPressより)

最後に

がんの原因から日常のリスクを考えておくことで予防が今からでも行えます。
後悔しないようにやっておきたいですね。

がんの原因や治療方法、痛みの低減方法など多岐にわたって研究されています。
まだまだ人間のことの多くはわかっていません。
今後の科学の発展を願います。

参考

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

意識の高い消費者の方へ

 食品の危険性と安全性をもっと知ることで、安全な食生活が送れるように情報を公平に記載しました。全ての参考データは研究機関、大学など信頼性の高いもののみ選抜しました。 1.添加物は多くの種類がある  「 …

羽つつきにおける関与遺伝子とその役割の探索

Genes and their role in feather pecking explored 羽つつき(カンニバリズム)における遺伝子とその役割の探索 ※羽つつき、尻つつき等をまとめてカンニバリズ …

鶏ニューモウイルスの分子特性の決定

First molecular characterisation of aMPV carried out 最初のaMPV(鶏ニューモウイルス)の分子特性決定が完了した ※鶏ニューモウイルスはパラミクソ …

no image

地球温暖化の真意

今までずっと「地球温暖化はCO2が原因である」と言われ続けてきました。 はたして本当なのか?と疑問に感じていた方も多いと思います。 結論 統計を見ると、総CO2量は年々増えていますが2000年前後から …

no image

HIVウイルスの死滅に成功

RNA-directed gene editing specifically eradicates latent and prevents new HIV-1 infection AIDSで有名になっ …