Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

役立つ!

「検索される言葉」を検索する Googleキーワードプランナーの使い方

投稿日:

eSocialMediaShop Keywords 2010
あなたは「どうにかして検索流入数を増やしたい」という切実な悩みがありませんか?

  • どういった切り口で攻めたらもっとアクセス数が増えるのか?
  • どういったキーワードが検索されているか?
  • 新しく参入するマーケットはどれくらいの大きさなのか?

こういった悩みを解決できる、「検索される言葉」を検索するGoogleキーワードプランナーの使い方を紹介します。

現在売り込みたいマーケットと関連した新たなマーケットも検索できるのでおすすめです!

URL

Google キーワードプランナー
GMailのIDとadwordsへの登録が必要です。

使い方

  1. Google キーワードプランナーにアクセスします
  2. 「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」(一番上)をクリックします
  3. 新規キーワードの検索

  4. 「宣伝する商品やサービス」欄にあなたが流入数を増やしたいワード(例:SEO)を記入します
  5. 新規ワードの追加

  6. 下部にある「候補を取得」をクリックします
  7. 候補を取得

  8. 広告グループ候補が表示されます
  9. この段階で「SEO」の類似キーワードが月にどれだけ検索されているか(月間平均検索ボリューム)がわかります
    類似キーワードの表示
    ワードを変更したい場合は上部の「宣伝する商品やサービス」を変更してください
    新たなワードの検索

  10. 「キーワード候補」をクリックします
  11. キーワード候補の表示

  12. 検索語句「SEO」の月間平均検索ボリュームと、関連性の高いキーワードごとの月間平均検索ボリュームが表示されます
  13. 関連キーワードの表示
    非常に多くのワードが表示されるので、新しいマーケットの発見にも繋がります!

  14. 月間平均検索ボリュームでソートしたい場合は「月間平均検索ボリューム」をクリックします
  15. 関連キーワードのソート

まとめ

既存の市場の開拓にも、新規参入する市場の大きさの調査にも使えるようです。
参考になればありがたいです。

-役立つ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人制作ゲームが陥る罠

個人制作のゲームには得てして「人が集まらない問題」があります。 それはなぜでしょうか?分析してみましょう。 まず、市場原理の理解から始めます。 例として、ある商品(iPhone7)をアマゾンに出して売 …

no image

「今」を把握する Googleトレンドの使い方

ネットの流行を効率よく把握できるGoogleトレンドの使い方を紹介します。 URL Google トレンド(http://www.google.co.jp/trends/) 急上昇ワードの検索 Goo …

no image

Google Chromeのブックマークバーを常に表示する+α

Webブラウザの「Google Chrome」は初心者でも扱いやすく軽量なブラウザです。InternetExplorerやFirefoxで重いな~と思っている方は下記でダウンロード・インストールしてみ …

これは見なきゃ損!”美しい”パワーポイントの作り方!

unsplash-logoNeONBRAND 「パワーポイントを作ったはいいものの、全然わからないと言われる」 「そもそも教えてもらえないし、テクニックが体系的にわかる本もない・・・」 あなたにそんな …

機械学習の勉強から見えた「間違いだらけのAI認識」

「AI」という字面が新聞にもネットニュースにも数多く出てくるようになりました。 ただ、機械学習を勉強してて思ったんですが・・・・AIの定義が曖昧すぎる 内容が書いてある記事も殆ど無いし…。 AIが行っ …