Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

時事問題

ゲームは悪者か?韓国で「中毒法」が発議

投稿日:


 ポケモン、艦これ、パスドラ・・・と今年は多くのヒットゲームが出ました。

 日本と同じく、それ以上にゲーム産業が盛んな韓国ではゲームについて「中毒法」が発議されました。

 そして、「中毒予防・管理および治療のための法律案(俗称:ゲーム中毒法)」も提案された。同法は今年4月セヌリ党のシン・ウィジン議員が発議した。

 ゲームを酒類、麻薬、賭博のように一種の中毒誘発物質と見なし、国家が中毒行為を予防、治療する統合システムを構築するというのが骨子である。同法が国会で承認されればゲームは麻薬、酒類、賭博と同様に保健福祉部の管理下に置かれることになる。(ゲームは悪者か、韓国で中毒法を巡り大議論勃発より)

 韓国ではゲームをやりすぎて死ぬ若者が後を絶ちません。日本ではほとんど見かけない「プロゲーマー」も存在します。

 確かにゲームをやりすぎると作業が全く進みません。「ゲームは人生」な方もいます。

 私自身、ポケモンをはじめとしたコンシューマゲーム、オンラインゲーム(TalesWeaver、C9など)、ブラウザゲーム(ENDLESS BATTLE、ブラウザ三国志など)といろいろやってきました。どれも面白く、ハマる作りでした。その当時は「ゲーム中毒か?」と聞かれれば「Yes」と答えたでしょう。

 スマホの普及と相まって、お手軽にできるブラウザゲームやゲームアプリが好評です。研究室でもやってる人の多いこと・・・。

 「生産効率が下がるのでは?」の答えは「Yes」でしょう。やりすぎると負の面が顕在化してきます。ギャンブル、お酒やたばこと全く同じです。

 どんなことでもやりすぎはいけない。だが、エデュテインメントという言葉もあるではないか。ゲーム=中毒なんてあまりにも単細胞すぎるではないか。

※エデュテイメント・・・娯楽でありながら、娯楽と関係ない分野の教育として機能するようなエンターテインメントの形式。

 負の面は確かにあります。それは間違いないです。

 しかし、私がこうしてブログを書くことになったのもゲームがきっかけです。プログラムですら「面白いゲームを作るため」に始めました。

 内容を知らずに「善」「悪」を決めることは思考停止に繋がります。決めつけた方が楽ですがね!

参考

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歩きはじめたチャーリー

本当に美しい。 「凄い」は素晴らしいですね。 参考 Robotocists go ape over Charlie

no image

漫画家やなせたかしさん死去

「アンパンマン」シリーズなどで知られる漫画家やなせたかし(本名柳瀬嵩=やなせ・たかし)さんが13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順天堂大順天堂医院で死去した。94歳。 http://www. …

現在、中国の鳥インフルエンザはコントロールされている

China: AI vaccine worked but new viruses in ducks found 中国より:鳥インフルエンザワクチンは効果が出ているが、アヒルで新しいウイルスが見つかった …

no image

“遺伝子の父”の功績を振り返る

2度のノーベル化学賞を受賞した、フレデリック・サンガー(Frederick Sanger)氏が2013年11月19日に死去しました。 彼が遺した大きすぎる功績を、化学を知らない人でもわかりやすいように …

no image

メタノール(メチルアルコール)は飲んではいけない

昔は「目散る」の愛称(?)で知られたメチルアルコールですが、この頃大丈夫かなあと思う行動をよく見かけるので書いておきます。 危ないという理由 飲んだら最悪死にます。 目への刺激も強く、多くの場合失明す …