Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

科学

体の中の小さな運び屋 キネシンとダイニン

投稿日:2013年12月3日 更新日:

あなたの体の中ではたえず物質が循環しています。
その中で重要な役割を果たす、ダイニンとキネシン(モーター分子)と呼ばれる分子を紹介します。

はじめに

まずはこの動画をご覧ください。


こんなものがあなたの体内で動いています!
ダイニン・キネシンは体内で非常に重要な働きをしています。

なぜダイニン・キネシンが重要なのか?

そもそもタンパク質や水など、全ての分子は自分自身が安定化するために好き勝手に動きます。

あなたは立ってるより座ってる方が楽ですよね?
座るのも安定化です。
横になるともっと安定化しますね!
そんな感じで分子も楽をしようとするのです。

ですが、そのままだと人間は死んでしまいます。
生きていくためには栄養源が必要です。

細胞も放っておくとすぐ死んでしまいます。
細胞も人間のように代謝して、新しい分子を欲しがります。
その新しい分子の設計図であるDNAやRNAが細胞内で生産されます。
ですが、そのまま細胞内に放流すると彼らも安定化したがるため、思った所に行きません。

そこで、効率的な運搬が必要になってきます。
ダイニン・キネシンの登場です。

彼らは電車のレールのような分子(微小管)の上を、DNAやRNA、タンパク質などを持って歩きます。


例えるなら、体内の運び屋ですね。

ダイニン・キネシンと分ける理由は?

ダイニン・キネシンは分子構造が少し異なるので、歩く方向が違います。
微小管上の方向

そのレール(微小管:緑)も細胞の外側から中心の核付近まで敷かれています。
微小管
「必要とされている場所に必要な物を届ける」ことが体内でも行われています!

まとめ

最初に動画を見た時「うわ・・・何これ」となると思います。

単なる分子が体内の必要な場所に必要な分子を運搬しています。
まるで意思を持って動いているかのようです。

やっぱり生命ってすごく不思議ですね!

参考

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

“遺伝子の父”の功績を振り返る

2度のノーベル化学賞を受賞した、フレデリック・サンガー(Frederick Sanger)氏が2013年11月19日に死去しました。 彼が遺した大きすぎる功績を、化学を知らない人でもわかりやすいように …

no image

原因物質減少を確認 アルツハイマー治療研究

 脳内に蓄積することでアルツハイマー病の原因となるタンパク質「アミロイドベータ」を減少させる動物実験に、北海道大や広島大の研究チームが成功した。今後、アルツハイマー病の予防や治療法の開発につながる可能 …

H7N9鳥インフルエンザ(AI)が中国・ベトナムで発生&AIの簡易検出方法について

Bioaerosol sampling to detect AI in Vietnam ベトナムでのAI検出のためのバイオエアロゾルサンプリング法 Newly emergent and virulen …

ルールチェンジする畜産業

Photo by Brianna Santellan on Unsplash もし、人が生きた動物の肉を食べなくなればどうなるだろうか? もし、代替となる安い肉が出ればどうなるだろうか? 「安定した」 …

鶏の遺伝子組換えワクチンについて(2018.09)

思いついたので書いておきます。メモです。 現在鶏の遺伝子組み換えワクチンは2種類存在します。 ・ニューカッスル病ウイルス由来F蛋白遺伝子導入 マレック病 ウ イ ル ス 1 型 207 株 ( NDV …