Rの科学情報収集

科学、生化学、獣医学の情報をわかりやすく。この情報過多社会を生き抜く力に。

科学

体の中の小さな運び屋 キネシンとダイニン

投稿日:2013年12月3日 更新日:

あなたの体の中ではたえず物質が循環しています。
その中で重要な役割を果たす、ダイニンとキネシン(モーター分子)と呼ばれる分子を紹介します。

はじめに

まずはこの動画をご覧ください。


こんなものがあなたの体内で動いています!
ダイニン・キネシンは体内で非常に重要な働きをしています。

なぜダイニン・キネシンが重要なのか?

そもそもタンパク質や水など、全ての分子は自分自身が安定化するために好き勝手に動きます。

あなたは立ってるより座ってる方が楽ですよね?
座るのも安定化です。
横になるともっと安定化しますね!
そんな感じで分子も楽をしようとするのです。

ですが、そのままだと人間は死んでしまいます。
生きていくためには栄養源が必要です。

細胞も放っておくとすぐ死んでしまいます。
細胞も人間のように代謝して、新しい分子を欲しがります。
その新しい分子の設計図であるDNAやRNAが細胞内で生産されます。
ですが、そのまま細胞内に放流すると彼らも安定化したがるため、思った所に行きません。

そこで、効率的な運搬が必要になってきます。
ダイニン・キネシンの登場です。

彼らは電車のレールのような分子(微小管)の上を、DNAやRNA、タンパク質などを持って歩きます。


例えるなら、体内の運び屋ですね。

ダイニン・キネシンと分ける理由は?

ダイニン・キネシンは分子構造が少し異なるので、歩く方向が違います。
微小管上の方向

そのレール(微小管:緑)も細胞の外側から中心の核付近まで敷かれています。
微小管
「必要とされている場所に必要な物を届ける」ことが体内でも行われています!

まとめ

最初に動画を見た時「うわ・・・何これ」となると思います。

単なる分子が体内の必要な場所に必要な分子を運搬しています。
まるで意思を持って動いているかのようです。

やっぱり生命ってすごく不思議ですね!

参考

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルールチェンジする畜産業

Photo by Brianna Santellan on Unsplash もし、人が生きた動物の肉を食べなくなればどうなるだろうか? もし、代替となる安い肉が出ればどうなるだろうか? 「安定した」 …

羽つつきにおける関与遺伝子とその役割の探索

Genes and their role in feather pecking explored 羽つつき(カンニバリズム)における遺伝子とその役割の探索 ※羽つつき、尻つつき等をまとめてカンニバリズ …

no image

農薬は本当に危険なのか?トキ(動物)編

1981年、日本の野生のトキは全滅しました。 全滅した要因として農薬が主な原因であったと報道されることがあります。 それが本当なのかを検証しました。 トキの生態 トキは湿地や田んぼなどの泥中に生息する …

26年ぶりの豚コレラの発生。豚コレラとは?その危険性とは?

豚コレラが、岐阜県で発生しました。 岐阜県は9日、岐阜市内の養豚場で豚コレラウイルス陽性の豚が確認されたと発表した。県は午前6時すぎから家畜伝染病防疫対策本部を開いて対応を協議。対象の養豚場の豚は殺処 …

no image

ガンの痛みを解決する、科学の新たな光

ガンはほとんどの場合激しい痛みを伴うことが知られています。 私も祖父や大伯父をガンで亡くし、その辛さを垣間見ているのでどうにかならないかと考えていました。 その解決方法となりそうな論文が日本(福岡大学 …